【 information 】

 ■Photoshopロゴデザインの王道教本
 制作記事4点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6129/

 ■Photoshop&Illustratorデザインパーツの王道教本
 制作記事3点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6134/

 ■乾曜子さんオフィシャルブログ
 グラフィックとロゴデザインを担当させて頂いております。(関連記事
 乾曜子オフィシャルブログ「よきゅの細道」Powered by Ameba

 ■東芝 dynabook KIRA オリジナル壁紙
 東芝dynabook KIRAのオリジナル壁紙を作らせて頂きました。
 プロフィールとコメントも載せて頂いてます。(関連記事
 http://dynabook.com/pc/kira/museum/

 ■東芝PC 公式壁紙
 dynabook KIRA用に制作した「Gravity」のバリエーションが、
 東芝PC 2014秋冬モデルの公式壁紙として採用されました。(関連記事
 そして、秋冬モデルに続き、2015夏モデルの公式壁紙も制作させて頂きました。
 家電量販店の店頭などでも見られる場合がありますので是非ご覧下さい。(関連記事
 

 ■東奥日報で紹介して頂きました
 出身地、青森の新聞『東奥日報』で紹介して頂きました。(関連記事
 Web東奥版「作品がパソコン壁紙に」(こちらは文字のみです)

大人の嗜み

プリキュアの“変身コンパクト”が大人向けコスメに!

ディズニーにも大人の女性向け商品って沢山あるのだから、「大人プリキュア」みたいな商品展開があっても良いのになぁと丁度思っていたところだったので、直感的に「いーじゃんコレ!」と思ってしまった。
もちろん自分が使う訳ではないけれど。笑

以前、打ち合わせ(実は↑メーカーさん関連)で出た話だけど、僕らの世代は、ライダー、戦隊、ウルトラマン、ガンダムなどについては学ぼうとしなくても「肌」で知っている所がある。
物心ついた時にはライダーごっこをして、ガンプラ作りに明け暮れていたのだから当たり前だ。それも初期の、いわば最も「濃い」時期にリアルタイムで作品に触れていた訳で、その感覚が仕事上役立つことも多い。

けれども、プリキュアやセーラームーン、魔法少女といった女の子向け作品は当然未知の世界。「なぜこうなったか」をいちいち取り上げて、よくよく考えてみないと分からない。しかも、今回のような商品開発も含めて、作る側の多くの人は自分と同じオトナたちで、当然男性も多いはず。
その辺も含めて、いま改めてもの作りの裏側を面白く感じています。

ともあれ、こういう夢やロマンのあるものが増えるのは個人的に嬉しい!
何処にいっても同じような景観、同じような店がテナントに入り、シンプルな良さというよりはコストカットのための単純さや合理性を追求したものばかり目につく世の中で、せめて身の回りのものぐらい、思いっきり趣味に走っても、さっ…!

光の国

日々モニターと睨めっこしながらペンタブを走らせ、
サブモニタでは大量の映像を消化して行く、そんな標準的な毎日が続いています…!

最近は、ライダーや戦隊(いわゆるニチアサ)やウルトラマンの映像を見ていることが多いのだけど、本当にどの作品も素晴らしすぎて人生が楽しい。笑

ウルトラマンに関しては、TVで「ウルトラマン列伝」という番組を何気なく観たところ、映像や設定がもの凄く進化していて再び興味を持ったんだけど(最新のウルトラマンの主役はウルトラセブンの息子で、世界観は多元宇宙論-マルチバースを採用しているんだよ!)、恐らくは、作る現場に私と同じ世代の人たちが増えているのも影響しているのかな?
伝わってくるクリエイターの熱も一段階違う感じというか。

もし自分に仮面ライダーやウルトラマンに仕事で関われる機会があったら、絶対手抜きとかできないだろうし、それはそうだよなぁーと独りごちる。

子ども向けの作品を見ていると、普段は考えない、いや、考えないようになってしまったことと、改めて正面から向き合わされることも多い。

「正義とは?」「勇気とは?」「強さとは?」

世間では、「倫理的に怪しいけど、儲かるからやっちゃってました」的な話題も多かったけれど、自分の心の中で光り輝き続けるヒーロー像をいつまでも大切にしたいな、と改めて思ったりもしました。

mebius-42.jpg

「ウルトラマンメビウス」(42話)の一場面。

地球防衛隊「GUYS」のサコミズ隊長には、
かつて宇宙の果てで宇宙人に襲われた際、
ウルトラマン(ゾフィー)に命を救われた過去があった。

誰も知らない宇宙の果てで、誰にも知られることなく、
地球のために未知の敵と戦い続けていたウルトラマン。

深遠な宇宙とウルトラマンの世界観が上手くリンクしていて、
畏怖の念を抱いてしまうような、そんなエピソード。

金環日食

173年ぶりの天体ショー、金環日食。
皆さんの地域ではいかがでしたか!?

私は撮影用機材などは準備していなかったものの、
その辺にあったサングラスなどを使いつつ、
デジカメを壊す覚悟で撮影に臨みました。(よいこは真似しちゃダメ)

kinkan1.jpg

kinkan2.jpg

とりあえず近所の公園に出かけてみたものの、
あまりよい条件でなかったので、結局家に戻り観測。

テラスに入る木漏れ日に注目していると、徐々に欠けた太陽の形に…!
本当にこうなるんだ!と結構感動。

kinkan3.jpg
どんどん欠けていく三日月のような太陽。

kinkan4.jpg
そして金環日食の瞬間!
デジカメ越しではあるけれど、とても神秘的。

kinkan5.jpg
そして、あっという間に影が通り過ぎ、逆側へ欠けていく。

神秘的で、壮大で、SF小説の世界のよう。

あの日食の光に包まれた不思議な空気感。
そして、その瞬間をネット等を通じて沢山の人と共有できたこと。
173年には恐らく無かったであろう、この感覚。

人生に素敵な体験がひとつ増えた^^

もう一つの1年


3.15
もう一つの1年

どちらを向いたら良いのかも分からない自分だけど
天に手を合わせました

出会ってくれてありがとう

20120315.jpg

あれから一年

あれから一年が経った。

3.11

無意識に見たパソコンや携帯のディスプレイで、
この数字がふと目に入るたび、ズキっと胸の辺りが痛くなる。
それはもう避けることができないものだ。

だけど、だからといって、今日というという日を、
暗く、悲痛な面持ちで過ごさねば“不謹慎”なのかというと、
決してそうではないはず。

家族や友人と笑いあえるならたくさん笑い、
美しい風景や音に触れられるのならそれに触れ、
温かいごはんが食べれるなら大いに食べ、
今、それを与えてくれているすべての人と自然の営みに
心から感謝する一日でありたい。

自分に与えられた環境と能力を少しでも生かし、
善いエネルギーを注いで一所懸命に何かに取り組めば、
それも営みの一部となることであり、
巡り巡って、必ず誰かの力になる。
これは、3.11以降、自分が学んだことの一つだ。

願わくば、一日も早い被災地の復旧・復興の力、
明日のための力となりますように

profile

齋藤 智章/akito

Author:齋藤 智章/akito
Graphic Creator/Designer

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
links
banner
東芝:dynabook.com | KIRA Digital Art Museum

ニコニ・コモンズ 無料素材配信

広大な宇宙のイメージ - MdN Design Interactive

Portfolio
ビジネス向け制作事例サイト

初音ミク -Project DIVA-
PSP版に『echo』収録!
booklog
PCL
このブログ内の、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「MEIKO」「初音ミク」のイラストは、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいて公開しています。