【 information 】

 ■Photoshopロゴデザインの王道教本
 制作記事4点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6129/

 ■Photoshop&Illustratorデザインパーツの王道教本
 制作記事3点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6134/

 ■乾曜子さんオフィシャルブログ
 グラフィックとロゴデザインを担当させて頂いております。(関連記事
 乾曜子オフィシャルブログ「よきゅの細道」Powered by Ameba

 ■東芝 dynabook KIRA オリジナル壁紙
 東芝dynabook KIRAのオリジナル壁紙を作らせて頂きました。
 プロフィールとコメントも載せて頂いてます。(関連記事
 http://dynabook.com/pc/kira/museum/

 ■東芝PC 公式壁紙
 dynabook KIRA用に制作した「Gravity」のバリエーションが、
 東芝PC 2014秋冬モデルの公式壁紙として採用されました。(関連記事
 そして、秋冬モデルに続き、2015夏モデルの公式壁紙も制作させて頂きました。
 家電量販店の店頭などでも見られる場合がありますので是非ご覧下さい。(関連記事
 

 ■東奥日報で紹介して頂きました
 出身地、青森の新聞『東奥日報』で紹介して頂きました。(関連記事
 Web東奥版「作品がパソコン壁紙に」(こちらは文字のみです)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

中野の哲学堂公園で、
内面を見直すことから始めた2012年。

水面化?ではけっこう色々な動き、変化もあって、
綴りたいエピソードや考えたことなども多々あったんですが、
所謂「大人の事情」で書けないことも少なくなかったりで;
大人になるって不自由になることなんだね…
とか、黄昏れることもしばしばでした。笑

とにかく手(ペンタブ)を動かし続けた1年ではあったものの、
結果的に個人的な作品を発表する機会が大幅に減ってしまい、
サイトへ足を運んで下さっていた皆さまに、本当に申し訳ない気持ちです。

ビジネス的な仕事から、やや柔らかめの作家的な仕事まで、
精一杯こなした上で、やっぱり個人的な作品も作りたいので、
来年にはその時間の捻出を何とかしたい…!


最近、仕事の現場やお酒の席で、とても嬉しいことを言って頂きました。
そんな風に言って下さる人をがっかりさせない生き方を
これからもしていかねばと思います。

何か無難にまとめちゃった風になってるけど本心だよ。笑

ということで、
皆さま、どうぞ良いお年を!

齋藤 智章/akito

スポンサーサイト

Same Time, Same Place

samet.jpg

2日間、
まったく同じ時間、同じ場所で
夕日を見た。

もしかしたら、
意識してないだけで
よくあるかもしれないシーンなのだけど、
ちょっと不思議な気分になった。

翡翠

公園で陽の当たる暖かいベンチを見つけ、
久々にゆっくりと本を読んでいたら、
周囲に本格的なカメラを構えた人が5、6人も集まってきた。

「な、何がはじまるんです?」

と心の中で若干ネタに走りつつ、
皆さんの目線の先に向けて、手持ちのカメラでデジタルズーム…。

kawasemi.jpg

カワセミでした(^ ^)

しかも、しばらく見ていたら、見事なダイブで小魚をパクっ…!
枯れ葉の舞う美しい自然の中で、芸術的生きものの妙技まで見れて、
素敵な時間に感謝したくなりました。

小さい頃の夢は「漫画家」であった。

だが、漫画で大切なのは魅力的なストーリーで、そこに興味が持てないとダメなんだと悟り、絵を描く仕事=イラストレーターが夢になった。

イラストレーターを目指して通った専門学校だったが、学生の間では「絵だけでは食えない」という風潮が割と強く、2年目のコース選択の際にイラストレーターではなくグラフィックデザイナーの道を選んだ。当時はどちらも似たような業種だろうと思っていて、それは結果的に全く違う仕事ではあったが、この時の選択から始まったデザインの勉強は、全てのクリエイティブの基礎となり、自分がフリーで長い期間仕事を続けて来られたのは、デザイナーのスキルがあったからであることは間違いない。

身一つで上京し、イラストレーターになるという夢を保留にしたまま、デザイナーの仕事をこなす毎日だったが、ネットの普及と共にデザイナーの仕事がweb制作や動画制作など多岐にわたってくると、自分は本当にこれがやりたかったのかという疑問がわいてきた。
そしてまた原点に返って絵を描き始めた。
イラストレーターになるという夢を叶えるために。

デザイナーとしての仕事量を大幅に減らし、生活は苦しくなったが、1年、また1年とスケッチブックをつぶす毎日が続いた。お金を頂く形で地道だが実践的な経験も重ね、最初は人の形をしていなかった人物絵も多少見られるものになってきた。
曲がりなりにもプロとしてやっていたデザインやCG作品と比べると、あまりにも稚拙でHPにも載せられなかった絵もようやくHPに載せる勇気が出てきた頃……自分が思い描いていた夢の形のひとつが実現する日がやってきた。
ゲームのキャラクターデザインの依頼――
多くはコンペの誘い等ではあったが、まったく絵が描けなかった自分にそのような誘いが来たというだけで満足だった。

だが、誰かが決めた設定に沿ってキャラクターを描き、依頼主が気に入らなければ修正を繰り返す。その業務内容は、デザインの仕事とさほど違わないものであったにも関わらず、自分にとっては想像以上に苦しさを感じるものとなった。やれたら楽しいはずだと思っていた作業が楽しめない……。そのことにショックを受けた。
『イラストレーター』という肩書きを得て、ゲームのキャラクターデザインをするような人になること、それが夢ではなかったのか……?
なりたいと思っていたはずの「夢」が、いざその時が来てみると想像と違うものだった。それは巷でよく聞く言葉ではあったが、この時私ははじめて身を以て知ったのだった。

それから更に数年が過ぎた。
いま、肩書きに特に執着はないが、自分が今やっていることは何かと言われれば、やはり「クリエイター」というくくりになるだろう。部分的に見れば「作家活動」とも言えるし、グラフィック、フォトレタッチ、デザイン、イラストレーションといった業界は益々ボーダーレス化しており、以前にも増して「やりたいこと」を表現する言葉の選択に困っている。(強いて言えば静止画でキレイなものを作るという共通点があるが)
もしかしたら
「あなたのやりたいことは?」
と聞かれたら、
「このサイトに置いてあるものです」
と答えるのが一番適切なのかもしれない。この場所にある一つ一つの作品と同様に創り続け、広げて行くというよりは掘り下げて行く。
その循環と環境があれば何も言うことはない。

こうしてみると、自分の人生は、はっきりと見えていなかった「本当にやりたいこと」という中心部に向かって、回り道をしつつぐるぐるとスパイラルを描いて近づいてきたようにも見える。

「漫画家になる夢に破れ、イラストレーターの夢も破れた」

そんな見方をすることだってできる。
実は自分でも半分ぐらいはそう思う。
ただ、それでも今は自分が「本当にやりたいこと」に取り組んでいるという実感がある。
本当の意味で「夢に破れる」ことがあるとすれば、それは自身の探求をやめた時なのではないか。そんな気がする。

近々、少し新しい形の仕事に取り組む。
それは、どういった道に結ばれるとしても、自分の中のスパイラルをまた一つ内側へ移動させてくれるものになるはずだ。
profile

齋藤 智章/akito

Author:齋藤 智章/akito
Graphic Creator/Designer

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
links
banner
東芝:dynabook.com | KIRA Digital Art Museum

ニコニ・コモンズ 無料素材配信

広大な宇宙のイメージ - MdN Design Interactive

Portfolio
ビジネス向け制作事例サイト

初音ミク -Project DIVA-
PSP版に『echo』収録!
booklog
PCL
このブログ内の、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「MEIKO」「初音ミク」のイラストは、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいて公開しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。