【 information 】

 ■Photoshopロゴデザインの王道教本
 制作記事4点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6129/

 ■Photoshop&Illustratorデザインパーツの王道教本
 制作記事3点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6134/

 ■乾曜子さんオフィシャルブログ
 グラフィックとロゴデザインを担当させて頂いております。(関連記事
 乾曜子オフィシャルブログ「よきゅの細道」Powered by Ameba

 ■東芝 dynabook KIRA オリジナル壁紙
 東芝dynabook KIRAのオリジナル壁紙を作らせて頂きました。
 プロフィールとコメントも載せて頂いてます。(関連記事
 http://dynabook.com/pc/kira/museum/

 ■東芝PC 公式壁紙
 dynabook KIRA用に制作した「Gravity」のバリエーションが、
 東芝PC 2014秋冬モデルの公式壁紙として採用されました。(関連記事
 そして、秋冬モデルに続き、2015夏モデルの公式壁紙も制作させて頂きました。
 家電量販店の店頭などでも見られる場合がありますので是非ご覧下さい。(関連記事
 

 ■東奥日報で紹介して頂きました
 出身地、青森の新聞『東奥日報』で紹介して頂きました。(関連記事
 Web東奥版「作品がパソコン壁紙に」(こちらは文字のみです)

肩書き

いよいよ12月。師走です…!
年末になると外でお酒を呑む機会なども増え、初対面の方と会うことも多くなる訳ですが、近頃、微妙に「困ったなぁ」と思っているのが自分の『肩書き』。

自分の仕事の内容を説明すると、プロフィールにある通り「イラストを描いたり、グラフィックをつくる人」であるから、相手がイメージしやすい「イラストレータ-」や「グラフィックデザイナー」と名乗ることが多いのだけれど、実はどちらの肩書きにも少し違和感を感じているのが本当のところ。
自分の中ではイラストレータ-といえば、画風の違いこそあれ「画家」に近い“描く”プロであり、グラフィックデザイナーといえば、JAGDA会員のような仕事をする人達のことで、自分はそのどちらにも半分程度しか当てはまらない。(余談だが、グラフィックデザイナーという職業については、服部デザイン研究所のコラムが興味深い)

以前は「CGクリエイター」という肩書きが便利だから使っていたのだが、最近はCGというと、映像制作(ゲームや映画など)を指すことが多く、誤解を招くので使えなくなってしまった。
「作家」として紹介して頂けることもあり、それはとても光栄だが、自ら称するのはあまりに恐れ多いし、かといって名刺などに肩書きを何も書かないと、自分が有名人でもない限り自己紹介にならない。
さて、困った。

この問題を解消すべく、「グラフィッククリエイター」という肩書きを考えてプロフィールにも書いているのだが、あまり普及していないし、正直ちょっと微妙な気もする(笑)

クリエイターと括られる職種がどんどんボーダーレスになっていき、CGMという言葉とともに、プロとアマチュアもボーダーレスになりつつある昨今。
『肩書き』に悩まされている方は意外に多いのでは…?
スポンサーサイト



profile

齋藤 智章/akito

Author:齋藤 智章/akito
Graphic Creator/Designer

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
links
banner
東芝:dynabook.com | KIRA Digital Art Museum

ニコニ・コモンズ 無料素材配信

広大な宇宙のイメージ - MdN Design Interactive

Portfolio
ビジネス向け制作事例サイト

初音ミク -Project DIVA-
PSP版に『echo』収録!
booklog
PCL
このブログ内の、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「MEIKO」「初音ミク」のイラストは、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいて公開しています。