【 information 】

 ■Photoshopロゴデザインの王道教本
 制作記事4点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6129/

 ■Photoshop&Illustratorデザインパーツの王道教本
 制作記事3点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6134/

 ■乾曜子さんオフィシャルブログ
 グラフィックとロゴデザインを担当させて頂いております。(関連記事
 乾曜子オフィシャルブログ「よきゅの細道」Powered by Ameba

 ■東芝 dynabook KIRA オリジナル壁紙
 東芝dynabook KIRAのオリジナル壁紙を作らせて頂きました。
 プロフィールとコメントも載せて頂いてます。(関連記事
 http://dynabook.com/pc/kira/museum/

 ■東芝PC 公式壁紙
 dynabook KIRA用に制作した「Gravity」のバリエーションが、
 東芝PC 2014秋冬モデルの公式壁紙として採用されました。(関連記事
 そして、秋冬モデルに続き、2015夏モデルの公式壁紙も制作させて頂きました。
 家電量販店の店頭などでも見られる場合がありますので是非ご覧下さい。(関連記事
 

 ■東奥日報で紹介して頂きました
 出身地、青森の新聞『東奥日報』で紹介して頂きました。(関連記事
 Web東奥版「作品がパソコン壁紙に」(こちらは文字のみです)

トップランナー

声優の平野綾さんが出ていてとても興味深い内容でした。
キャラクターの声を演ずるということは、キャラクターの性格や行動の細部までイメージを広げて命を吹き込むこと。
何処か、絵を描くことに似ているなと思いました。

いきなり自分の話ですが、自分は所謂ハスキーボイスと言われるような声で、ある時期まで自分の声にコンプレックスを持っていました。
思春期の頃には人と話すのが嫌だったぐらい。
なので、自分が最も発したくないその「声」を仕事とする声優さんをいつも羨ましいなと思っていました。
しかし、実際に声優さんの体験談などを聞いていると、声優さんの中には自分の声が嫌いだったとかコンプレックスに思っていたという人が意外に多い。
特徴的な声であったが為に、外見と声が合ってないとか、声を出しただけで笑われたとかそういう経験を持っている訳ですね。
(今回出演していた平野綾さんも、舞台でそのような経験をしたと話されていました)

彼らの素晴らしい所は、自分のコンプレックスに押し潰されずに、それを自分の長所として前向きに捉えたこと。

このような話に、私はいつも勇気を貰えるのです。
苦としか思えないことも、考え方さえ変えれば自分の人生で最も価値ある経験に変えられるのだと。
それも、今すぐに!

続きを読む

スポンサーサイト



profile

齋藤 智章/akito

Author:齋藤 智章/akito
Graphic Creator/Designer

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
links
banner
東芝:dynabook.com | KIRA Digital Art Museum

ニコニ・コモンズ 無料素材配信

広大な宇宙のイメージ - MdN Design Interactive

Portfolio
ビジネス向け制作事例サイト

初音ミク -Project DIVA-
PSP版に『echo』収録!
booklog
PCL
このブログ内の、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「MEIKO」「初音ミク」のイラストは、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいて公開しています。