【 information 】

 ■Photoshopロゴデザインの王道教本
 制作記事4点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6129/

 ■Photoshop&Illustratorデザインパーツの王道教本
 制作記事3点を寄稿させて頂きました。(関連記事)全国書店にて発売中。
 http://www.mdn.co.jp/di/book/6134/

 ■乾曜子さんオフィシャルブログ
 グラフィックとロゴデザインを担当させて頂いております。(関連記事
 乾曜子オフィシャルブログ「よきゅの細道」Powered by Ameba

 ■東芝 dynabook KIRA オリジナル壁紙
 東芝dynabook KIRAのオリジナル壁紙を作らせて頂きました。
 プロフィールとコメントも載せて頂いてます。(関連記事
 http://dynabook.com/pc/kira/museum/

 ■東芝PC 公式壁紙
 dynabook KIRA用に制作した「Gravity」のバリエーションが、
 東芝PC 2014秋冬モデルの公式壁紙として採用されました。(関連記事
 そして、秋冬モデルに続き、2015夏モデルの公式壁紙も制作させて頂きました。
 家電量販店の店頭などでも見られる場合がありますので是非ご覧下さい。(関連記事
 

 ■東奥日報で紹介して頂きました
 出身地、青森の新聞『東奥日報』で紹介して頂きました。(関連記事
 Web東奥版「作品がパソコン壁紙に」(こちらは文字のみです)

ガレとジャポニスム

galle.jpg

サントリー美術館の開館1周年記念展として先週まで催されていた、
『ガレとジャポニスム』を先日観てきました。

ガレの代表作であるランプ「ひとよ茸」もじっくり見れたし、以前展覧会で見て、また見たいなと思っていた作品とも再会できて大満足。

ガレの初期の作品というのは、北斎の描いた絵をそのまま花瓶に写し取っただけだったり、「丸パクじゃねーか!」とツッコミ入れたくなるものも多いのだけど(笑)、彼は日本独自の美意識を追求していくうちに、日本の心ともいうべき無常観、“もののあはれ”を深く理解するようになり、見事にそれを作品に表現していくようになる。
その過程を観るのが面白いのですね。

といったことで、今回の展示会でも自分が良いなと感じた作品は、殆どが後期のものに集中していたのですが、その中でも目が離せなくなった作品が一点。

小振りな瓶だけども、他の作品と比べて彩りもなく異質な空気を放っていて、
どこか切ないような、淋しいような。
「もし自分の手元に置いておけるならこれしかない」
と思わせる作品でした。

近づいて解説を読むとその瓶は、「蜻蛉・ひとりぼっちの私」というタイトルで、この展覧会のキャッチコピーにも使われている、

「うちふるえる蜻蛉を愛する者 これを作る」

の言葉が刻まれたあの作品だったのです。

何だか、時間も場所も超えて偉大な芸術家と心を通わせることが出来た気がして、
とても嬉しくなってしまったのでした。


写真:机の上に何か載せて撮るといつも同じような絵になってしまうので、イベントで使った蝶をとまらせてみた図。(でも、やっぱりいつもと同じだった…)
スポンサーサイト



profile

齋藤 智章/akito

Author:齋藤 智章/akito
Graphic Creator/Designer

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
links
banner
東芝:dynabook.com | KIRA Digital Art Museum

ニコニ・コモンズ 無料素材配信

広大な宇宙のイメージ - MdN Design Interactive

Portfolio
ビジネス向け制作事例サイト

初音ミク -Project DIVA-
PSP版に『echo』収録!
booklog
PCL
このブログ内の、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「MEIKO」「初音ミク」のイラストは、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいて公開しています。